昨年の年末の大掃除のときに粗大ごみを処分してきました。
年末家族全員揃って家の一年分の大掃除をすることになりました。
妻は台所を、娘たちは自分の部屋を、私と息子は庭全体を担当しました。
すると一時間もしないうちにあれやこれやともはや使用しない粗大ごみがうじゃうじゃと出てきました。その中でも庭掃除担当であった私たちの所からすでにパンクしさび付いてもはや乗らなくなった自転車、三輪車、その他木材などのごみが山のように出てきました。
その処分するにはどうしようとなり、インターネットで調べていると鹿児島市内の北部清掃工場が年内最後の稼働日であり、車に乗せて直接持参することにしました。
ワンブックスカーに載せられるだけ載せ、息子と一緒に持ってきました。すると清掃工場は年末の繁忙期対応として多くの職員の方が対応し、警備員もルート案内をしてくださっていました。
係りの方の指示に従い、分別場所ごとに持参した粗大ごみを車から息子と一緒に運び出します。
ただ一回では運びきれない量でしたので二回に分けて運びました。粗大ごみ処分に約3時間もかかりました。しかしそのおかげで庭も見違えるほどすっきりときれいになり、新しい気持ちで新年を迎えることができました。一緒に手伝ってくれた息子に感謝です。お疲れ様。