数年に一度ですが差掛けの隅においてある物置の一斉整理をします。
まず、庭にシートを敷いて使うもの使わないものを分けます。
分け方はもう一瞬のひらめきで手に取った時に使うと思ったら使う側に、使わないと思ったらゴミにしています。
考えたらだめです、考えると何か使えそうだとか考えてしまうので本能のままに分別です。
そこからは基本的には機械の出番です。
そのまま粗大ごみとして出せるものはそのまま出します。
サイズが大きなものや複数のパーツが組み合わさってそのままでは粗大ゴミに出せないものは、DIYで使うディスクグラインダーや電気ノコギリがあるので細かくしたりネジ止めされているものはインパクトドライバーなどでバラします。
機械を使うので怪我にさえ気をつければ細かく切断したりバラしたりの作業は1時間もあれば終わります。
物置から出して分別するほうがいつも時間かかります。
その都度、処分していくのが一番いいのですがDIYでなにか使えそうなどと考えてしまってついそのまま物置に入れてしまいます。
使うことも実際にあるので悪癖とまでは行かないですがDIYをやらない方やそれなりに工具を持たれてない方はその都度処分されることをお勧めします。