自宅の中には、使わないものがたくさんあります。
それらを持っていても、使わないことが分かっているのにそのままにしていることがありますね。
私の家でも、使わないものと使えるモノをごちゃごちゃにしていました。
すると、時間ロスが多くあることに気づいたのです。
使えるものをさがす手間が、かなりかかってしまうということです。
そこで、不用品について処分をすることにしました。
どんなものを処分したのかご紹介します。

・タンス
昔のたんすは、結婚をする時に持ってきたモノでした。
しかし使いにくいので、使うことがそんなになくそのままになっていたんですね。
そのままで、動かすことができない状態でした。
その時、業者の人に運び出してもらうことができてとても助かりました。
部屋の中で、使わないタンスは速やかに処分するに限ります。

・食器類
食器については、よく使うものはそのままにして使わないモノは処分をすることにしました。
それはいつかは使うと思っても、ほとんど使うことがないからです。
高いところにしまっているものは、使うことがないしそれを取り出す事もありませんでした。
そのことから、もったいないと思う事無く捨てることにしました。あとから後悔することもありません。

・洋服
洋服は、そのままにしていることが多いですね。
そのままにしていると、ますます汚れたりしてきることがなくなります。
しかしそのままになっていたんですね。
それらも、すべて着ないと思ったものは捨てることにしました。
流行もあるので、捨てると新しいモノを買うことができてすっきりとさせることができます。

捨てるものを、一人で処分をするのは大変です。
これとこれは不要と決めたら、あとは業者の人たちに片付けを依頼しました。
それが一番賢いやり方ではないかと思っています。
すべて自分でしてしまうと思うと、イヤになってしまうのです。
そこで一緒に片付ける人がいる、助けてもらえる人がいるとスムーズに片付けを行うことができます。