整理整頓をする上で、一番はじめにやらなければいけないことは、不要なものを捨てることです。最初に収納グッズを使って物を整頓しようとすると、たくさんの物を収納するために余分なグッズを買うため、結果として、無駄な出費をすることになります。物を捨てるときのコツは、この一月で使ったかどうか。使用頻度はどれくらいか。これがないと生活する上で困るかどうかを考えながら、必要か不要かを決めていくといいかと思います。どうしても、自分だと判断が甘くなってしまうというのであれば、家族に協力を求めるのも手です。私の場合は祖母の家の引越しを手伝った際、この方法を使って大量の不用品を処分することができました。そのあとに、必要なものが取り出しやすいようにするため、どこになにがあるのかをわかりやすくするための最低限の収納用品を買いました。収納のコツとしては、今ある物がぎりぎり収まるくらいではなく、収納ボックスの中が3割ほどゆとりのある状態を常に作るよう意識をすることです。ぎりぎりだと、この先物が増えたときに仕舞う場所がなくなり、また部屋が散らかる要因になります。また、物は基本的に収納ボックスや棚にすべてしまうようにします。その方が掃除が楽になりますし、散らかり防止になります。