空き家には誰かが住んでいたほうが痛まないというようなことがあります。人がいた方がバタバタとすることになりますし、どうしても痛みができてしまうのではないかと思うかもしれませんが人が住んでいないと空気の循環などはありませんし、ほこりなども掃くということはなくなりますから、実はかなり難しいことでもあります。もし空き家を持っているのであれば不要品などを捨てるということも含めて整理整頓をすることを定期的に行うとよいでしょう。それが家を長持ちさせるコツになります。空き家ですからそこに住んでいないということになりますので不用品を捨てようにも粗大ごみを捨てることがその自治体では難しい場合もあります。 ですから持ち帰って捨てるしかないということもあるのでやや面倒ではあるのですが無駄に物を置いておくというのも意味はないですし、いらないものは積極的に捨てるようにしましょう。その時の費用は仕方ないものとして受け入れることです。