不用品の捨てる手間というのはものによって違うわけですが私が一番困ったと思ったのがパソコンです。普通の粗大ゴミとして捨てることができるわけではありませんのでメーカーに回収してもらうなり、民間のゴミ回収業者にお願いして廃棄してもらう、ということがあるわけですが、これがヘタをすると数千円ぐらいかかることがあります。それがものすごく嫌だったんですがパソコンを無料で回収してくれる業者というのが探せば結構ありましたのでお願いしてみることにしました。ハードディスクは空にして良いのかという質問に対して問題ないという回答を得ましたのでハードディスクだけは別に捨てました。焼いて、煮て、水に浸してから捨てるということをやっていましたがこれがかなり手間ではありました。しかし、普通に捨てようとすると結構な金額が掛かるわけですからむしろ得な行動であると自分に言い聞かせて行いました。ゴミを捨てるのにもお金がかかってしまう時代ですから本当に必要なものを購入するようにということを今では心がけています。